アンティアージュ吉祥寺クリニックはシミ・くすみ・たるみ・ニキビなどの治療を専門に行います。

HOME > guideline

2018年6月1日に改正医療法が施行になりました。当院では医療広告のガイドラインに合わせて、ご来院される皆様に正確な情報をお伝えするように心がけております。当院での治療には薬機法では未承認の医薬品や医療機器を用いたシミの治療なども行います。レーザー機器を使用した治療においては期待した効果が得られない場合や火傷などのリスクも有ります。そのようなことが起こらないようにスタッフ一同が細心の注意を払って治療にあたる所存です。ご不安な事やご不明な点、施術料金に関わることなどは医師もしくはクリニックのスタッフになんでもお聞きください。クリニックをご利用いただく皆様に親切で安心できる美容医療の提供を目指します。




当院をご利用の皆様へ 医療広告ガイドラインの要点を抜粋しましたのでご確認ください

第1 広告規制の趣旨
医療法の一部改正について
医療機関のホームページやウェブサイト等についても、他広告媒体と同様に広告可能事項を限定することとした場合、詳細な診療内容など患者等が求める情報の円滑な提供が妨げられる恐れがあることから、一定の条件下に広告可能事項の限定を解除することとしている。

第2 基本的な広告規制の趣旨
(2)禁止される広告の基本的な考え方

  • ⅰ)優良比較広告
  • ⅱ)誇大広告
  • ⅲ)公序良俗に反する内容の広告
  • ⅳ)患者その他の主観又は伝聞に基づく、治療等の内容又は効果に関する体験談の広告
  • ⅴ)治療等の内容又は効果について、患者用を誤認させるおそれがある治療等の前又は後の写真等の広告

第3 禁止される広告について
(6)治療等の内容又は効果について、患者用を誤認させるおそれがある治療等の前又は後の写真等の広告
術前又は術後の写真に通常必要とされる治療内容、費用等に関する事項や、治療等の主なリスク、副作用等に関する事項等の詳細な説明を付した場合はこれにあたらないものとすること。さらに、該当上の掲載場所については、患者等にとってわかりやすいよう十分に配慮し、例えば、リンクを張った先のページへ掲載したり、利点や長所に関する情報と比べて極端に小さな文字で掲載したりといった形式を採用しないこと。

院長の太田智之です。当院の広告やホームページでは過剰な表現や顧客の誘因に繋がるような掲載は控えておりますが、ご覧になられた方からのご指摘は真摯に受け止める所存です。ご来院される皆様にクリニックの正確な情報が伝わりやすい広告やホームページの作成を心がけております。